結婚式

とんでもなく参考になりすぎる結婚式のスピーチで気をつける11のこと

結婚式のスピーチで気を付ける事をかんたんに挙げてみましょう。スピーチは、新郎新婦との関係によっても変わって着ますが、ここではどのような関係でも合うようにまとめてみました。

1:好感が持てる内容にすること
2:長くなりすぎない事(3分から5分程度)
3:忌み言葉、重ね言葉に気を付けること
4:暴露話などは避ける事
5:ウケを狙って砕けすぎた内容にならないこと
6:自分の自慢話はしないこと
7:下ネタ話はしないこと
8:政治や宗教の話はしないこと
9:できれば自分と新郎新婦しか知らない内容が新鮮で良い
10:自分と新郎新婦との関係を最初に述べること
11:祝福の言葉を忘れないこと

1から8までは絶対に気を付けてほしいことです。中でも一番難しいのが3番の忌み言葉だと思います。別れる、切る、離れるなどの別れを連想させる言葉、悲しむ、負けるなどの不吉な言葉、繰り返し、再びなどのくりかえすこを連想させる言葉にも気を付けるようにしましょう。

人前で話すことがどんなに自信があっても必ず事前に話す内容をきちんとまとめておきましょう。上記の言ってはいけない言葉は普段何気なく使っていることも多いため、アドリブで話してしまうとついつい出てしまうことがあります。話す内容は前もって考えておくようにしてください。

面白おかしくウケを狙って話す人がいます。目上の方もいらっしゃる中で、あまり良い印象は受けません。ウケを狙うということは、新郎新婦を祝福してというよりも自分を目立たせる行為に近いものがあるためです。主役は新郎新婦です。

自分を目立たせる行為には、自分の自慢話をするというものもあります。このような行為は、新郎新婦を立てるはずのスピーチが自分を引き立たせるようになってしまい誰の結婚式かわからなくなります。

内容もほのぼのとした好感の持てるものにしましょう。暴露話などもってのほかです。新郎新婦の印象を悪くするような話はしないようにしましょう。できれば自分と新郎新婦の間でしか知られていないような内容だととても新鮮に思えて、印象が良いでしょう。

二次会のスピーチで気をつけることもほとんど同じです。ただ、披露宴と違って、少し気楽な形でも良いでしょう。言葉遣いは勿論丁寧に使うべきですが、少し砕けた内容でも良いかもしれません。二次会は堅苦しい雰囲気よりも盛り上がる雰囲気を作る方が良いので、皆が楽しめるような内容を選んで話すようにしてください。

話す時間は披露宴よりも短めにするようにしましょう。

上記には挙げてはいませんが、話の最後に、これから新しい未来に向かって進んで行く新郎新婦に向けてメッセージを送ることを忘れないようにしましょう。

スピーチをするとことになると、どのように話したらよいのか悩むものです。ある程度話の内容がが決まったら、新郎新婦に話の内容を相談しても良いかもしれません。自分は良いと思っていても新郎新婦には、話してもらいたく内容の時もあります。

話の内容次第で新郎新婦のイメージが良くも悪くもなります。内容だけでなく、自分の言葉遣い、立ち居振る舞いなどの礼儀作法なども見られている場合が多いです。その全てで、新郎新婦の人柄などがはかられてしまいます。責任重大です。

新郎新婦は、スピーチを依頼するということはその人にかなりの信頼を置いているからこそ、お願いされるのです。期待を裏切らないように、様々なことに気を付けていきたいものです。

堅苦しいことばかりですが頼まれたら、快く引き受けましょう。新郎新婦を心から祝福する気持ちがあれば、良い話が出来ますし、そのような気持ちは伝わります。披露宴や二次会を自分も楽しみながら、この大役を頑張るようにしてください。

 

 

結婚式の幹事の仕事が驚くほど良くわかるまとめ5選

学生時代の同級生や友人、会社の同僚などの結婚式の二次会や結婚パーティーなどの幹事をお願いされることは誰にでもあります。結婚する新郎新婦にとっては、結婚式は一生に一度の晴れ舞台であります。披露宴は主に親族や会社の上司、親しい友人にお披露目をする会ですが、二次会は学生時代、社会人になってからの友人や会社の同僚などにお披露目をする趣旨の会です。二次会は幹事がほとんどすべて主導する会となるため、準備するものが色々とあります。

結婚式の二次会において準備で大切なポイントは5つあります。1つ目は会場選びです。新郎新婦が結婚披露宴をした会場をそのまま使うというスタイルも中にはありますが、ほとんどの場合、別の場所での会場となるので、まず場所を決めなければ何も始まりません。ホテルや宴会に慣れている会場は、準備が比較的簡単で、幹事が初めてという人にオススメです。

そういった場所は、準備はスムーズに行きますが、会場費も比較的高いことが多いので、必然的に会費も高くなってしまいます。会費が高くなると参加者も減ってしまう要因になるので、注意が必要です。参加費を抑えたい、料理が美味しいお店で開催したいなどと考える場合は個人店で開催することもおすすめです。

いつもよく利用するレストランなど身近なお店にお願いしてみると、意外と受けてくれるお店も多いです。個人店であれば、最大人数のキャパシティーも決まってしまいますが、その範囲内に収められると会場費も抑えられることが多いです。

また、必ず当日の人数変更が出てしまうので、そのあたりも、大きなホテルなどの会場よりも柔軟に対応してくれるお店も多くあります。個人店で開催すると、クオリティの高い料理で、会費も比較的安く済ますことができますが、音響機器や様々なものを用意しなければならないので、準備が大変です。幹事慣れしていないような人には難易度が高いので注意が必要です。

2つ目は人集めです。学生時代の同級生や友人、会社の同僚のキーマン的な人を新郎新婦に紹介してもらいます。そしてそれぞれのキーマンに声を掛けて取りまとめます。全てを自分でやることは難しいので、そのあたりは周りの人に助けてもらいます。

3つ目は内容です。二次会はワイワイガヤガヤみんなで飲んで楽しむというスタイルもありますが、ゲームや出し物をやるパターンもあります。そうした場合、その内容を考える必要があります。また大まかな進行も考えなくてはなりません。インターネットや口コミなどでいろいろなゲームや出し物を検索してやるのもおすすめです

。新郎新婦のお母さんに手紙を書いてもらい、読んでもらうという出し物もおすすめです。新郎のお母さんの手紙を新婦が読み、新婦のお母さんの手紙を新郎が読むといった内容です。新婦のお母さんの手紙を新郎が読んでいるときは、かなりの感動となり、新婦の涙やそれに引き連れ、会場の感動にもつながるので盛り上がります

。4つ目はゲームの景品です。ゲームは単純で誰でも出来、盛り上がる内容がオススメです。その景品はなるべくかさ張らずに、かつ豪華で誰もが喜ぶようなものを用意するのがオススメです。ギフトカードやテーマパークのチケットなどが人気です。オススメは花束などもおすすめです。景品は基本的に新婦と同じ年齢位の女性が喜ぶものを景品にすることが大切です。男性幹事の場合は、周りの女性などに意見をもらうことがオススメです。

5つ目は受付です。受付は幹事がやる必要はなく、なるべく多くの人に手伝ってもらうようにします。開場時間に一気に来るので、初めが肝心です。最初が出遅れると、すごく待たされている感じがしてしまいます。二次会を成功させるためにはこの5つのポイントを押さえることが大切です。

結婚式の幹事を引き受ける前に知ってほしい9つの心得

大切な方が結婚するという場合、誰もが自分にできる事があるのなら何でも協力したいと考えるものですが、現実問題として幹事に抜擢されるのは避けたいと感じている方は少なくないです。

しっかりと役目が果たせるかが不明瞭で不安感が付きまとう役目ですが、取り組みによって新郎新婦達に直接的に良い思いをしてもらえる素敵な立場とも言えます。

前提条件として抱いておくべきなのは、せっかく指名されたのなら楽しむことを意識し、信頼を寄せてくれている証拠なので全力で取り組めば、引き受けて良かったと感じられる瞬間が訪れます。

まず、具体的な準備をするために動き始める前に、幹事の役割とは何かという事を具体的に知るのが大切です。
色々な捉えられ方がありますが、一言で言えばざっくばらんになっているグループを一纏めにするというものであり、結婚式においてはありとあらゆる準備に翻弄しているご両人の代わりとして、かけがえのない友をおもてなししてあげるのです。

まだ日にちに余裕がある段階から計画を立て始め、手配を行うといった様子に至るまで幅広くサポートしていきます。

このように、計画段階からしっかりとスクラムを組んで取り組んでいき、当日になれば常に大勢の人たちの前に立ち、司会進行を担う事例も珍しくありません。

自分が幹事だと言われた時は思わず遠慮したくなる方も居ますが、せっかく頂いたチャンスなので素直に受け入れ、初期段階は情報収集から開始していきます。

お二人のうちどちらか一方としか顔見知りではない場合、丁寧な自己紹介を済ませて全身全霊努力し頑張る旨をお伝えします。

この時に結婚式の他に、その後の二次会でどういった楽しみ方をしたいのかも聞き取り調査しておけば、お店の手配などが余裕を持って完了できます。

確固たるテーマなどがあれば聞き漏らさずに記録しながら要望を汲み取り、特段拘りが無いようなら初期段階から計画を作っていきます。

結婚式で支援するのは幹事の役目だと思われていますが、もちろん全てをたった一人で賄うのは現実的ではないですし不可能です。

そのため、自身のお手伝いをしてもらえるスタッフを選出するのも欠かせない事であり、担ってもらうのは受付や照明係、招待状をデザインしてくれる方々です。

できるだけ大勢が集められた方が良いのですが、一人に対して大きな負荷がかかりすぎないようにバランス良く割り当てて、余裕が出てきた者は意識的に他の方々を手伝ってあげる意識を持つようにします。

結婚式は言わずもがなチャペルや専用の施設で行われる上に、新婦側が拘る事案が多いので他人が口出しをする問題ではないですが、二次会となれば日和と場所、予算を決していく必要性があります。

通常であれば挙式が終わった後に友人知人がこぞって現場に移動するのですが、近頃は時間の都合上別の日に行われるのも増えています。

可能な限り詳細な出席者数を考えてから予算を組み、予算内で済ませられる料理や会場を選び抜き、余力によって景品などのグレードをアップしていきます。

お金に糸目をつけないといった事は不可能なので、イベント会場となる所は限定的になりますが、できるだけ結婚式場から離れていない所にしましょう。

昨今では招待状も幹事が請け負う機会が多く見られるのですが、覚えておくべき心得として言えるのは、遅くても一ヶ月前には手元に届くように計画して送付し返信を待ちます。

結婚式と言えば感動的なシーンが欠かせないので、幹事は思わず感動エピソードを詰め込もうとしますが、それらがごく一部の人にしかわからないようなら味気ないです。

全員が共通して気持ちが揺さぶられる思い出を探し出して準備すると、全体が満足度の高い式になります。

結婚式二次会の幹事する人はとりあえずコレやっておけば間違いない7選

結婚式の後の楽しみと言えば二次会です。ただ、幹事を任されてしまった場合は呑気にはしていられません。初めての場合ですと余計に戸惑ってしまうことでしょう。

幹事になった時に押さえておきたいポイントがありますが、まずは新郎新婦や相手方の幹事との顔合わせを行うことです。これから協力し合って準備を行うことになりますから、チームとして仲良く取り組むようにしましょう。特に幹事同士の連携はちゃんと行うことが大切です。一方だけで考えをまとめてしまうとトラブルになりますし、困るのは主役の新郎新婦ですから、主役の顔に泥を塗るようなことにならないように気を付けなければいけません。

次にどのような二次会にしたいのか新郎新婦に確認してみましょう。テーマやゲストの人数、やりたい演出など、方向性を定めるための聞き取りが必要です。イメージを掴んでおけばそれが成功への一歩になります。そして大体の方向性が分かったら、今度は担当を決めてそれぞれが行うべき仕事を明確にしておくことが大切です。なあなあの状態にしてしまうと、「誰かがやってくれると思っていた」などでトラブルが起こることがあります。各自が責任をもって取り組む必要がありますので、役割を振り分けておくようにしましょう。なお、時には新郎新婦にも積極的に協力してもらうことも必要です。特に予算や会場選びなど、大事なポイントを幹事が決めてしまうと揉めてしまうこともあります。

続いて二次会の会場探しです。会場は成功を左右する大事なポイントですから、イベントの主旨に合う場所を見つけ出すようにしましょう。そしてできるだけ早めに行動するのが望ましいです。私も幹事をやった際に会場選びが遅れてしまった経験があるのですが、肝心の場所がなくて非常に焦りました。もっと早くに行動すれば良かったと心底思いましたが、そのような事態にならないためにも早めに押さえておくことが大事です。遅くとも3~4ヶ月前には見つけ出しておくのが望ましいと言えます。
イベント内容のプランニングも行わなければいけません。ゲームや余興などのプログラムも大事ですから余裕を持って詰めておく必要があります。また、その際には必要な備品や景品などのリストアップをはじめ、スピーチが必要な時には早めに依頼をしておくといった手配も必要です。何事も早めの準備が大事ですから余裕をもって行動しましょう。
プランニングが完了したら必要な物を準備します。ただ予算がありますから景品などを準備する際にも苦労するかもしれません。しかしながら予算内で計画を遂行するのも腕の見せ所です。ネット通販を利用すれば安上がりになったりもしますから積極的に活用していきましょう。

ゲストへの招待状の送付及び出欠確認も必要です。各々で予定がありますから早めの手配を心掛けましょう。ただ、今はメールやLineで連絡を取ることも多いようですから比較的簡単かもしれません。招待状ですと気付いてもらえなかったり行き来に時間が掛かりますが、メールなどならば手っ取り早く連絡が取れて便利です。
当日が近付いてきたら事前準備として、会場に備品や景品などの運び込みを行っておきましょう。当日に運び込みをすると荷物になるほか、うっかり忘れてしまうようでは困ってしまいます。できれば前日に準備万端の状態にしておいた方が安心であり、リスト表と照らし合わせながら準備が確実にできているのか確認しておくようにしましょう。また、二次会の全体の流れもシミュレーションしておけばより安心です。

最近の流行りなんですが、結婚式の動画を360度カメラで撮影する、というのが人気ですね。大切な日を当事者だけではなく家族や友人全員の思い出全てを記録できるからでしょうか。わたしもHaareの360度カメラを購入して以前友人の結婚式で撮影しました。とても喜んでくれたのが嬉しかったですね。

このようにやっておきたい7選がありますが、ポイントを押さえておけば難しくはありません。しっかりと準備をして新郎新婦に喜ばれる二次会にしましょう。

結婚式の幹事目線で教える二次会での進行の仕方

結婚式の後に行う二次会では、堅苦しい結婚式と違い、主な出席者は友人が多く和気あいあいとした雰囲気で行われることが多いでしょう。その二次会では結婚式と違って、会場専門の担当者がつかないことがほとんどです。ゼロの状態から全てを企画しなくてはならないので、幹事になった人にはたくさんの任務が待っています。しかし、新郎新婦にお願いされると、断りにくいですよね。幹事をつとめ、素晴らしい二次会を成功させるにはポイントを押さえておくことが重要です。

 

まず、最初は新郎新婦にどんな二次会にしたいのかを確認しましょう。二次会はただの飲み会と違って、主役は新郎新婦です。2人の希望があるならば、できる限り希望通りに行うようにしましょう。また、招待客も新郎新婦が決めるので、おおよその人数を聞いておきましょう。希望や参加人数を確認したら、まずは会場探しです。人気のある会場はすぐに埋まってしまうことが多く、特に日取りのいい日は早めに予約しておくことが大切です。会場は、人数に合わせた場所にすることはもちろんですが、料理を重視するのか、お楽しみのゲームや景品を重視するのかで、候補が違ってきます。先にどういった内容にするかを、大まかに決めてから、会場探しをしましょう。会場が大きすぎると司会をする時に声が届きにくかったり、ゲームの時に人をまとめにくい場合があるので気をつけましょう。

1か月ほど前になったら、会場で使うクラッカーなどの小物や、飾りつけ用品、景品などを購入しておきます。必ず領収書をもらい、きちんと保管しておきましょう。また景品は会の成功の大きなポイントになります。景品を選ぶ時には、一人で決めないほうがいいと思います。特に男性が幹事の場合には、女性が喜ぶものを選ぶのが難しいことが多いでしょう。景品内容を気にするのは、圧倒的に女性が多いのです。主に女性好みのものを揃えておいたほうがいいでしょう。また、豪華な景品というと、家電やゲーム機などがよくありますが、すでに持っている場合が多く、大型のものは持って帰るのに大変なことがあるので、避けたほうが無難です。
当日は、とにかく早く会場に行くことが大切です。会場側の人との打ち合わせには予想以

上の時間がかかりますし、会場の機材のトラブルもよく起こります。時間を十分にとっても足りなくなることがほとんどです。早め早めを心がけましょう。参加者が到着したら、受付をし、参加者が会の開始までに退屈していないかをチェックしましょう。会が始まるまでは、何もすることがなく、手持無沙汰な時間になりがちです。会場側の許可がでれば、飲み物をサービスするなど、配慮しましょう。会が開始されてからは、予定通りに司会を進めていきますが、新郎新婦の希望を適宜確認しながら進めていきましょう。当日になって、勢いで予定が変更になることもあるので、臨機応変に対応しましょう。予定が変わる場合には、必ず新郎新婦に相談し、独断で会を変更してしまわないよう気をつけます。余興やスピーチの紹介の時に、注意しなくてはいけないのは、名前の漢字が読めない、読み間違えてしまうといったことが起こりがちです。自分の直接の知り合いでない場合には、事前に確認しておきましょう。会の最後には、参加者のお見送りと、会場側への挨拶があります。終わったからと言って気を緩めずに最後まで予定を確認しながら、大事なことが抜けてしまわないよう気をつけます。挨拶は主役の新郎新婦が中心になります。別れ際に渡すプレゼントを準備したり、参加者を誘導したりします。忘れ物のチェックも必ず行います。会場への挨拶も丁寧に行いましょう。

 

二次会の幹事は大変な仕事ですが、新郎新婦に喜んでもらえるような会を開催できるといいですね。